川越塾・諸経費および事務関係 

2017年度

  • 諸経費につて

  • 項目対象金額備考
    ○入塾金全学年不要高校生は10,000円
    ○設備費全学年6,500円高3生のみ8,000円
    ○通年教材費
    (テキスト代+諸費用)
    小学部・本科6,000円理科・社会・英語は諸費用
    (年間10,000円)のみ
    小学部・受験科実費受講科目によって
    中学部・本科全学年11,0005科目指導のため
    高等部実費受講科目によって
    ○講習会費用、V模擬受験料、都立自校作校、私立難関校の指導は有料になります。


  • 休日について
    日曜日・祝日は、お休みです。ただし、中学部・高等部は定期試験前・試験中は、日曜祝日でも5科目の試験対策の指導をやります! 春休み・夏休み・冬休みについては、そのつど、文書で連絡します。

  • 講習会について
    中学部、高等部は、春季・夏期・冬期は受験指導の一貫として、講習会を実施しています。
    小学部は春と冬休みは学校と同じでお休みです。夏期8月はお盆の時期を除いて通常の授業(講習会に準ずる)があります。

  • 入塾( 随時受付)と体験授業について
    入塾テストはやりませんが、入塾時に親子面接を行います。塾での説明を受けたあと体験授業が受けられます。入塾の際は申し込みカードに必要事項を記入し提出すれば手続きは完了です。

  • 月謝について
    月謝は年間12回払いとし、手渡された月謝袋で、毎月5日までにお納めください。月謝の滞納者は授業に参加できませんのでご注意ください。中学3年生は翌年2月までの月謝になります。弟妹は本科のみ、月謝が約半額になります。個別指導、個人指導は対象外です。

  • 欠席について
    病気、その他やむおえない事情で欠席するときは、電話かメールで必ず連絡してください。無断欠席3回で退塾扱いになります。
  • 補習授業について
    欠席した生徒は一週間以内に必ず補習授業を受けてください。曜日・時間帯については電話かメールで確認してください。特に、中学生は厳守してください。

  • 定期試験(中間試験・期末試験)について
    学校で行われる定期試験(中間試験・期末試験)については、試験前に5科目の徹底指導を行い、成績の向上に努めます。試験1週間前から教室を開放し弱点箇所の指導強化にあたります。テスト勉強は塾でやっていただきます。

  • 受験対策について
    生徒が自然に高校受験・大学受験に取り組めるよう、講習会を実施するほか、志望校合否判定テストの結果も踏まえた上で志望校別に適切な進路指導を行います。

  • 面談(相談事)について
    生徒の学習のこと、日常生活に関し、何か相談事がありましたら、遠慮なくお申し出ください。面談は必要に応じていつでも行います。電話でご確認ください。

  • その他
    遅刻や欠席の多い生徒、ルールを守れない生徒、やる気のみられない生徒は退塾していただきます。


戻る